区画整理事業の概要

| 土地区画整理事業とは | ▼土地区画整理の流れ | ▼保留地販売について | ▼富士市神戸土地区画整理事業概要

土地区画整理事業とは

土地区画整理事業は、市街地整備(まちづくり)の方法の中でも代表的なものの一つです。
良好なまちづくりのために乱雑な既成市街地や無秩序に市街化しつつある地域、または新たに市街化しようとする地域について土地の区画形質を整え、道路・公園・その他の公共施設の整備・改善を行う事業です。
利便性だけでなく生活環境に対する要望が多様化する時代に、あらゆる方面から大きな期待が寄せられています。

 

土地区画整理の流れ

  1. 公共施設用地(公園や道路など)や事業費捻出のために保留地を売却します。その保留地を産みだすために、土地所有者から、それぞれの所有地の面積や位置などに応じて、少しずつ土地を提供していただきます。
    →減歩(げんぶ) といいます
  2. 減歩後の面積で、以前の所有地と様々な条件が総合的に照応する土地を、新たな所有地として土地所有者に割り当てます。
    →換地(かんち) といいます
  3. 公共施設(道路・公園など)が建設され、土地の使用が始まります。新たな所有地に建物を移転したり、建て替えたりすることが可能になり、また、保留地の販売も行われます。
  4. 事業の完了と共に、新しい町名と地番へ移行します。

保留地販売について

このウェブサイトでご紹介しています土地は、土地区画整理事業では保留地と呼ばれています。
保留地は土地区画整理の専門用語で、事業費にあてるなど一定の目的のために販売する土地です。
ここでは保留地の特徴についてご説明します。

  1. 土地区画整理事業は良好な住環境を整備することが目的となっているため、宅地はすべて整形化されており、境界争いがおこりません
    また、事業地区内には必ず公園が設置されます。神戸の地区内でも公園を二箇所設置することが予定されています。
    なお、上下水道・ガスのライフラインが確保されています。
  2. 保留地と接している道路はすべて6m以上で、緊急車両の通行や、災害時の避難路確保が容易です。
    また排水設備も整っており、災害に強い街です。
  3. 富士市が技術援助・工事監督をしており、事業を全面的にサポートしています。組合が直接販売しているため、仲介手数料はかかりません
    また建築条件もありませんので自由に建物建築業者をお選びいただけます。

富士市神戸土地区画整理事業概要

▼富士市神戸土地区画整理事業概要
事業名 富士市神戸土地区画整理事業
事業の目的 住環境の改善・区画道路、公園等公共施設の整備改善・宅地の利用増進
施行者 富士市神戸土地区画整理組合
施行面積 12.8ha
施行期間 平成12年度から平成32年度(予定)
事業認可 平成13年1月
総事業費 2,902,900千円
権利者数 144人
平均減歩率 36.52%(合算)
役員の構成 理事8人  監事2人  計10人
このページの上へ

ツイッター 申請書類ダウンロード資料請求・お問い合わせ神戸組合だより